失敗集

亀頭増大術の失敗|乗せられて不必要な手術を受けてしまった例

必要のない手術で失敗する

亀頭増大術の失敗として、不必要な手術を受けてしまった例が存在しています。クリニックに出向いたとき、事前に必要な手術について確認を取られることになります。ただ、医師側にうまく乗せられてしまうと、不必要な手術まで一緒に受ける羽目になったということになりかねません。例えば、早漏ではないにも関わらず早漏の手術まで受けさせられてしまうと、その分の費用が無駄になりますし体にも大きな負担となってしまいます。他にも、性生活を持った時の女性の感度を高めるため、ボールを性器に埋め込むなど不必要な施術によりお金を失うことになります。
このように、失敗を避けるためにも事前のカウンセリングで必要な手術のみを伝えるようにしましょう。事前にしっかりと伝えておくことで医師側も了承してもらうことができます。また、事前に必要になる施術を確認しておくことも重要です。どんなことが必要になるのか確認しておいてください。

しっかりと断る勇気を持とう

亀頭増大術だけを受けるはずだったのに、他の手術も受けてしまう失敗は起こりがちです。一度失敗してしまうと体にも負担がかかってきますし、金銭的にも困る事態に陥ってしまうので事前にしっかりと断るということを意識しておきましょう。たとえ、いろいろな手術を勧められたとしても、しっかりと断っておけばその後は無理に勧められることはありません。ただし、クリニックによっては勧誘の度合いが酷く、断ったとしても勧誘されることもあり得ます。何度も断っても勧誘がある場合には、他のクリニックを利用するようにしましょう。亀頭増大術以外をしつこく勧められるということは、患者の気持ちを理解していないことを表しています。医師は患者のことを第一に考えなくてはなりませんが、その姿勢が欠けているということです。そのようなクリニックに無理に通うより、患者の気持ちに寄り添ってくれるクリニックに通った方がストレスを感じることがありません。

まとめ

亀頭増大術以外の手術を受けることで、後悔することもあります。特に、必要のない手術を受けてしまうとトラブルに発展してしまうこともあるので、事前に断るようにしましょう。しっかりと断っておけば、後から後悔することはありません。
万が一無理に勧められることがあるなら、他のクリニックに転院を考えてみるとよいです。転院することで気分よく亀頭増大術のみを受けることができますし、医師との信頼関係を築くことも可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です